Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検出数など減少する一方、「偽セキュリティ対策ソフト」や「Winny」などの相談目立つ

情報処理推進機構(IPA)は、4月に同機構が対応したウイルスや不正アクセスの届出状況を取りまとめた。相談件数の増加傾向が続いており、なかでも「Winny」や詐欺ソフトに関する相談が増えている。

レポートによれば、4月のウイルス検出数は約4万件で、3月の約5万8000件から31.9ポイントと大きく下降した。また同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合も1件とカウントする届出件数も1077件と、3月の1484件から27.4ポイント後退している。

検出数の1位は全体の80.5%を占める「Netsky」で、「Mydoom」「Autorun」と続く。3月に急増を見せた「Gammima」は収束し、ランキングから姿を消すなど動きが見られた。

不正アクセスの届出件数は11件で、3月の19件から減少。そのうち10件で被害が発生しており、内訳は侵入5件、なりすまし3件、不正プログラム埋め込みおよびその他各1件だった。不正アクセスの相談件数は39件で、そのうち16件で被害が発生している。

(Security NEXT - 2010/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に