Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が生活保護受給者のリストを保護費の封筒へ誤封入 - 大阪市

大阪市は、生活保護費を受給者1人に同市受給者100人分の個人情報が記載された書類を誤って渡していたことを明らかにした。

生活保護費の現金封入作業を委託しているSMBCデリバリーサービスにおいて、封入作業中に誤って書類を1人の封筒に混入したもので、生活保護受給者100人の氏名および支給額が記載されていた。4月30日に保健福祉センターに保護費を受け取りに来た男性から申し出があり、問題が判明したという。

同市では、対象となる受給者に対して謝罪する書面を送付するとともに、委託業者に対し再発防止に向けた指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大