Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が生活保護受給者のリストを保護費の封筒へ誤封入 - 大阪市

大阪市は、生活保護費を受給者1人に同市受給者100人分の個人情報が記載された書類を誤って渡していたことを明らかにした。

生活保護費の現金封入作業を委託しているSMBCデリバリーサービスにおいて、封入作業中に誤って書類を1人の封筒に混入したもので、生活保護受給者100人の氏名および支給額が記載されていた。4月30日に保健福祉センターに保護費を受け取りに来た男性から申し出があり、問題が判明したという。

同市では、対象となる受給者に対して謝罪する書面を送付するとともに、委託業者に対し再発防止に向けた指導を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2010/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出