Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語の不自然さで見抜けない「標的型攻撃」 - 「hta」ファイルも盲点

情報処理推進機構(IPA)へ毎月寄せられる標的型攻撃の件数は、多い月でも2件程度と想像以上に少ない。しかし攻撃の質が高まっており潜在的な被害も懸念される。

同機構へこうした報告が寄せられるのは、中央省庁に届いたメール。シマンテックが4月28日に開催した記者向け説明会にゲストとして登壇した同機構セキュリティセンターウイルス・不正アクセス対策グループ主幹の加賀谷伸一郎氏が明らかにした。

同氏によれば、標的型攻撃について民間企業からほとんど情報が寄せられることがないという。標的型攻撃ゆえに、メールの内容が特定企業に関するものだったり、秘密情報のような内容であること、メールヘッダーなどを明かしたくないという企業側の事情ある。

登壇した加賀谷伸一郎氏
登壇した加賀谷伸一郎氏

(Security NEXT - 2010/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL