Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語の不自然さで見抜けない「標的型攻撃」 - 「hta」ファイルも盲点

情報処理推進機構(IPA)へ毎月寄せられる標的型攻撃の件数は、多い月でも2件程度と想像以上に少ない。しかし攻撃の質が高まっており潜在的な被害も懸念される。

同機構へこうした報告が寄せられるのは、中央省庁に届いたメール。シマンテックが4月28日に開催した記者向け説明会にゲストとして登壇した同機構セキュリティセンターウイルス・不正アクセス対策グループ主幹の加賀谷伸一郎氏が明らかにした。

同氏によれば、標的型攻撃について民間企業からほとんど情報が寄せられることがないという。標的型攻撃ゆえに、メールの内容が特定企業に関するものだったり、秘密情報のような内容であること、メールヘッダーなどを明かしたくないという企業側の事情ある。

登壇した加賀谷伸一郎氏
登壇した加賀谷伸一郎氏

(Security NEXT - 2010/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ