Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングメール減少するものの、誘導先URLは大幅増加

フィッシング対策協議会は、4月のフィッシング報告件数を取りまとめた。フィッシングサイトで用いられるURLが急増している。

フィッシングメールは、2月から3月にかけて71件とピークを迎えていたが、18件減少して53件となった。ただし、依然として高い水準で推移している。

メールの減少に反して大きな増加を見せたのが、フィッシングサイトで利用されるURL。前月の46件から85件と急増しており131件に達した。悪用されたブランド数に大きな変化はなく、1件増加して6件で、クレジットカードブランドが悪用が目立ったという。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple