Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「未読のつぶやきあります」 - Twitterユーザー狙うフィッシングが発生

未読のメッセージがあるかのように装い、Twitterユーザーを不正サイトへ誘導するフィッシング攻撃が4月下旬から発生している。

「Twitterチーム」を名乗る英文のフィッシングメールがマカフィーにより確認されたもので、同社よれば門だのメールは「Twit 73-923」といったタイトルで送信されておりTwitterから遅延したメッセージがあるなどとして不正サイトへ誘導するという。

フィッシングメールでは、一見Twitterのページへ誘導するリンクに見えるものの、HTMLメールを用いており、本物にデザインをまねたフィッシングサイトへ誘導するため、マカフィーでは、メッセージを確認する際は、リンクをクリックするのではなく、URLを手動で入力するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ