Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「未読のつぶやきあります」 - Twitterユーザー狙うフィッシングが発生

未読のメッセージがあるかのように装い、Twitterユーザーを不正サイトへ誘導するフィッシング攻撃が4月下旬から発生している。

「Twitterチーム」を名乗る英文のフィッシングメールがマカフィーにより確認されたもので、同社よれば門だのメールは「Twit 73-923」といったタイトルで送信されておりTwitterから遅延したメッセージがあるなどとして不正サイトへ誘導するという。

フィッシングメールでは、一見Twitterのページへ誘導するリンクに見えるものの、HTMLメールを用いており、本物にデザインをまねたフィッシングサイトへ誘導するため、マカフィーでは、メッセージを確認する際は、リンクをクリックするのではなく、URLを手動で入力するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
「不正ログインでリセット」とウソ - 「三井住友カード」装うフィッシングに注意
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す