Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講座申込者の個人情報を誤って昨年の運営企業へ誤送信 - 日本特許情報機構

日本特許情報機構は、特許流通講座の受講申込者46人の個人情報を、関係ない事業者へ誤ってメール送信していたことを明らかにした。

誤送信したのは、同機構が独立法人工業所有情報・研修館から運営を受託している特許流通促進事業のサイト上で募集した「2010年度特許流通講座」の申込者46人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先または大学名、アンケートの回答などが含まれる。

講座運営企業へ送信すべきものを、誤って昨年度の運営企業へ送信したという。誤送信された情報は、すでに削除済みであると同機構では説明している。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協