Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講座申込者の個人情報を誤って昨年の運営企業へ誤送信 - 日本特許情報機構

日本特許情報機構は、特許流通講座の受講申込者46人の個人情報を、関係ない事業者へ誤ってメール送信していたことを明らかにした。

誤送信したのは、同機構が独立法人工業所有情報・研修館から運営を受託している特許流通促進事業のサイト上で募集した「2010年度特許流通講座」の申込者46人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先または大学名、アンケートの回答などが含まれる。

講座運営企業へ送信すべきものを、誤って昨年度の運営企業へ送信したという。誤送信された情報は、すでに削除済みであると同機構では説明している。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大