Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワールドカップのガイドブックを装い脆弱性を攻撃するPDFが発生 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが3月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

同社がまとめたトップ10では、5位までの順位は前回と変わらなかった。1位は「Win32/Conficker」で、全体の10.32%が同ウイルスだった。2位はリムーバブルメディア経由で感染を広げる「INF/Autorun」、3位はオンラインゲームのアカウント情報を盗む「Win32 /PSW.OnLineGames」。上位3種で全体の約4分の1を占めている。

ランキング6位には、25位から浮上した「Win32/Tifaut」が入った。スクリプト言語「Autoit」で作成されたマルウェアで、オートラン機能を悪用してリムーバブルメディア経由で感染を広げる。

このほか、前回85位から10位に順位を上げた「Win32/AutoRun.PSW.OnlineGames」も、オートラン機能を悪用して感染し、オンラインゲームのアカウント情報を盗むタイプだった。いずれも、オートラン機能を無効にすることが有効であるとして、対策の実施を求めている。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談