Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール暗号化ソフトに上長の確認求める「メール監査機能」 - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、誤送信対策機能を強化したゲートウェイ型メール暗号化ソフト「FENCE-Mail For Gateway V02L01」を発売した。

同製品は、メールの添付に対してセキュリティポリシーを適用するゲートウェイ型メールセキュリティ対策製品。最新版では、送信先や添付ファイル、本文中の内容から誤送信の危険が高いメールを検知、一時保留して上長の承認後に送信を行うことができる「メール監査機能」を搭載。

従来の添付ファイルにくわえ、PDFファイルや独自形式による本文の暗号化に対応したほか、「FENCE-Pro」との連携を強化により認証機能の連携を実現。仮想化環境「Vmware ESX」による動作をサポートしている。価格は、100メールアカウントまで利用した場合、47万2500円から。

(Security NEXT - 2010/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調