Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットによるCAPTCHA解読でチケット大量購入、ダフ屋行為に悪用される

画像の文字を判読することで、人以外からのアクセスを防止する認証技術「CAPTCHA」が破られ、ダフ屋に悪用される事件が米国で発生した。ダフ屋行為により起訴された企業は、27億円以上の不正な利益を得ており、Bruce Springsteenさんのツアーでは、約1万1800枚を入手していたという。

米McAfeeが米ニュージャージー州で発生した犯罪の事例として紹介したもので、ネバダ州のチケット会社「Wiseguy Tickets」が、イベントチケットを専用のボットにより大量に購入して転売していた。

同社の手口では、発売と同時に販売サイトと数千本のコネクションを確立。CAPTCHA認証をボットにより解読し、数分の1秒で入力することで、購入手続きに手間取る一般ユーザーより先にチケットを大量購入していた。

人気スポーツイベントや人気アーティストの講演などが狙われ、Bruce Springsteenさんのツアーでは、約1万1800枚のチケットを購入していたという。2002年から2009年初頭までに150万枚が購入され、不正に得た利益は日本円に換算して27億円に上ると見られている。

(Security NEXT - 2010/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも