Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリリークの不具合が発生、ブルースクリーンの可能性も - アンラボ

アンラボは、同社セキュリティ対策製品「アンラボV3シリーズ」の一部定義ファイルに不具合があり、利用環境によって不具合が発生すると発表した。

不具合が生じたのは、2010年4月22日1時から2時にかけて配布された「2010.04.21.02バージョン」。メモリリークの不具合があり、一部環境において場合使用可能なメモリが減少して動作が不安定になったり、ブルースクリーンとなる可能性があるという。

症状が現れた場合は再起動により回復するという。また4月22日9時ごろより配布されている「2010.04.22.00 バージョン」以降では解消している。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
システムエラーで個人情報がメール差出人情報に - FUJI-Wifi
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ