Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要ブラウザのフィッシング検知機能に一定の効果

フィッシング対策協議会は、主要ウェブブラウザに搭載されているフィッシング対策機能の検出精度について調査を実施し、結果を公表した。

フィッシングのURLデータベースである「PhishTank」の1000件やJPCERTコーディネーションセンターが収集した305件、セキュアブレインが確認した29件を用いて、「Internet Explorer 7」「同8」「Firefox,」「Safari」の検知状況を、それぞれ5日間にわたり調べた。

同協議会では、URLについて「検知」した場合と、削除された場合に正しくエラー表示を行った「コンテンツ未確認」を加算して「有効検知」と定義し、有効検知率を割り出した。

「PhishTank」のデータでは、「Firefox」が91.3%でもっとも高く、もっとも低い「IE 7」においても80.6%を検知。一方JPCERT/CCが用意したデータでは、「Firefox」が81.4%とトップだが、「IE 8」「IE 7」がそれぞれ81.2%、80.3%と僅差で続いている。「Safari」については、73.5%とやや低かった。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模