Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要ブラウザのフィッシング検知機能に一定の効果

フィッシング対策協議会は、主要ウェブブラウザに搭載されているフィッシング対策機能の検出精度について調査を実施し、結果を公表した。

フィッシングのURLデータベースである「PhishTank」の1000件やJPCERTコーディネーションセンターが収集した305件、セキュアブレインが確認した29件を用いて、「Internet Explorer 7」「同8」「Firefox,」「Safari」の検知状況を、それぞれ5日間にわたり調べた。

同協議会では、URLについて「検知」した場合と、削除された場合に正しくエラー表示を行った「コンテンツ未確認」を加算して「有効検知」と定義し、有効検知率を割り出した。

「PhishTank」のデータでは、「Firefox」が91.3%でもっとも高く、もっとも低い「IE 7」においても80.6%を検知。一方JPCERT/CCが用意したデータでは、「Firefox」が81.4%とトップだが、「IE 8」「IE 7」がそれぞれ81.2%、80.3%と僅差で続いている。「Safari」については、73.5%とやや低かった。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず