Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割強の組織でサポート切れOSが稼働 - 「不明」の回答が2割弱も

約4割の企業において、サポートが終了したいわゆる「レガシーOS」が稼働していることがわかった。またこうしたOSが稼働している企業では、未知のウイルスへ感染経験を持つ企業が半数に達したという。

トレンドマイクロが、企業におけるレガシーOSの使用実態に関する調査を行い、結果を取りまとめたもの。3月24日から25日にかけて企業や団体の情報システム担当者を対象にインターネットを通じて実施したもので、有効回答数は412人。

同社によると、組織内で使用しているOSのうち、ベンダーのサポートが終了したOSが1台でも「ある」とした回答者は42.2%。「ない」とする企業も39.3%とほぼ同数だった。さらに18.5%は「不明」と回答している。

未知のウイルスへ感染した経験について尋ねた設問では、レガシーOSを使用していない企業では24.7%が「ある」と回答する一方、レガシーOSをなんらかの形で利用している企業では、50.6%と割合が高かった。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「Firefox 60」がリリース、深刻な脆弱性2件などあわせて26件を修正
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
「Drupal」に「Drupalgeddon 2.0」とは別の脆弱性、更新が公開 - 早くも悪用を観測
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」