Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割強の組織でサポート切れOSが稼働 - 「不明」の回答が2割弱も

約4割の企業において、サポートが終了したいわゆる「レガシーOS」が稼働していることがわかった。またこうしたOSが稼働している企業では、未知のウイルスへ感染経験を持つ企業が半数に達したという。

トレンドマイクロが、企業におけるレガシーOSの使用実態に関する調査を行い、結果を取りまとめたもの。3月24日から25日にかけて企業や団体の情報システム担当者を対象にインターネットを通じて実施したもので、有効回答数は412人。

同社によると、組織内で使用しているOSのうち、ベンダーのサポートが終了したOSが1台でも「ある」とした回答者は42.2%。「ない」とする企業も39.3%とほぼ同数だった。さらに18.5%は「不明」と回答している。

未知のウイルスへ感染した経験について尋ねた設問では、レガシーOSを使用していない企業では24.7%が「ある」と回答する一方、レガシーOSをなんらかの形で利用している企業では、50.6%と割合が高かった。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Firefox 57」がリリース - 15件の脆弱性を修正
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求