Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー製品でシステムファイルを誤検知 - ブルースクリーンなど複数症状

マカフィーの一部セキュリティ対策製品において、Windowsのシステムファイルをウイルスとして誤検知する不具合が発生した。同社顧客企業の0.5%未満と一部個人ユーザーにおいて症状を確認しているという。

4月22日にリリースした一部定義ファイル「DAT(5958)」に不具合が生じたもので、「Windows XP SP 3」内のシステムファイル「svchost.exe」の一部バージョンを、マルウェア「w32/wecorl.a」として検知する。

対象製品は「McAfee VirusScan Enterprise 8.5i」「同8.7i」、OEMとして販売している「McAfee Total Protection Service 5.0」、コンシューマー向けに提供しているウイルス対策製品。

システムファイルが誤って削除されたり隔離された場合、「ブルースクリーン」が表示されたり、ネットワークやUSBが利用できない、再起動できないといった症状が出るという。

同社では問題を解消した「DAT(5959)」をリリースしており、最新版へのアップデートを呼びかけるとともに、不具合が生じた場合の復旧方法をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応
「Windows Defender」が「Yahoo!ツールバー」を誤検知か - 原因調査中
ソフォスのウイルス対策ソフトで誤検知発生、アップデートの不具合なども
MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知
「Dr.Web」のスパム対策エンジンに一時誤検知の不具合
ESETでMSDEやグラフィックカードドライバをウイルスと誤検知する不具合
米McAfee、誤検知問題でコンシューマー製品利用者に補償実施 - 日本国内ユーザーへの対応は検討中
「ウイルスセキュリティZERO」で誤検知が発生、起動できなくなる不具合
BitDefenderの定義ファイルに誤検知の不具合 - システムファイルなどを誤って隔離