Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セーフネット PCI DSS準拠目指す企業向けにセキュリティスイートを提供

日本セーフネットは、PCI DSS対応を支援する「SafeNet PCI DSSソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、クレジットカードブランド大手が推進するセキュリティ基準「PCI DSS」へ準拠を目指している事業者へ、要件となっているデータ保護や脆弱性管理、アクセス制御、アクセス監視などの機能を提供するセキュリティスイート。

アプリケーションファイアーウォールや情報漏洩対策機能を提供する「SafeNet eSafe」やシステム管理者の管理を実現する「SafeNet DataSecure」などにより構成されており、用途に応じて利用できる3種類を用意した。

「Enterprise Securityスイート」では、PCやファイルサーバ、データベース、ネットワーク上のファイルに対するアクセスコントロールを実現。「Database Protectionスイート」は、暗号化やアクセス制御、監査により特権ユーザーの管理や外部からの不正アクセスを防止できる。また「Database Security Add-onスイート」により既存の暗号化済みデータベースにおいて、暗号鍵管理を実現する。

価格は「Enterprise Security スイート」が3990万円、「Database Protectionスイート」が1260万円、「Database Security Add-onスイート」945万円から。

(Security NEXT - 2010/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
システムの可視化や脆弱性をスキャンする「F-Secure Radar」
「PCI P2PE」の準拠支援サービスを提供 - NRIセキュア
DNP、「PCI DSS」への準拠を支援するコンサルサービス
BBSec、PCI DSS準拠評価サービスをアジア展開
TOKAIコミュニケーションズ、「PCI DSS準拠支援サービス」
富士通SSL、米FireMon製ファイアウォール運用ソフトを発売
NRIセキュア、PCIDSSサービスを海外展開
三井住友カードとNRIセキュア、加盟店向けセキュリティサービスを提供
ITプロフェッショナル・グループら、「PCI DSS」のeラーニングサービスを開始