Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「抵当権設定契約証書」の紛失が解除申出で判明 - 浜松信金

浜松信用金庫は、原島支店で顧客の個人情報を記載した書類「抵当権設定契約証書」を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、氏名や住所など2人分の個人情報が記載された「抵当権設定契約証書」1件。同金庫によれば、顧客が抵当権の一部について解除を申し込んだ際に確認したところ、書類がなくなっていることに気が付いたという。

同社では顧客に謝罪し、申し込みへ対応した。紛失した情報が不正に利用された形跡はないとしている。

(Security NEXT - 2010/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府