Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーら、「保護者のためのフィルタリング研究会」を設立 - 「保護者本位のフィルタリング目指す」

ネットスター、ヤフー、デジタルアーツの3社は、「保護者のためのフィルタリング研究会」を設立した。研究会の座長には、青少年メディア研究協会で理事長を務める下田博次氏が就任し、事務局はネットスターとヤフーが務める。

同研究会は、フィルタリングの利用者となる保護者に対し、潤沢な情報を提供したり、利用者主体のサービス実現を目指すもの。

学術研究者や保護者が参加し、学校関係者や関連事業者、行政関係者に対してヒアリングを実施するなど、家庭向けフィルタリングサービスの現状や課題などを調査、検討を進める。

同研究会では、4月から11月まで活動し、フィルタリングサービス提供者向けの行動指針などを取りまとめるとしており、11月に報告書を公開する計画。

(Security NEXT - 2010/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで
子どものネット安全対策、保護者の5人に1人は無策
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
小中学生の情報モラル診断、「法」に関する知識が低い傾向
未成年と保護者を対象とした「春のあんしんネット・新学期一斉行動」
フィッシング対策協議会、キングソフトへフィッシング情報を提供
標的型攻撃に狙われやすい設計運用における10の落とし穴 - IPAまとめ