Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道開発局のPCにウイルス感染のおそれ - サイトも緊急停止に

国土交通省北海道開発局のパソコンにおいて、ウイルスが感染が発生していることがわかった。同局では感染被害の拡大防止のため、ウェブサイトの公開やメール送信を中止している。

同局によれば、ウイルスの感染が疑われる状況となったため、普段利用しているセキュリティ対策ソフトとは別のソフトで検知を行ったところ、バックドアを開くウイルスの感染を確認し、機密情報が流出するおそれがあることが判明したという。

同局では、安全が確認されるまでウェブサイトの提供やメールの発信を停止。また同局サイトよりダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルなどへウイルスが感染している可能性があるとして、関係者へ感染の有無を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ESETのエンドポイント用インストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を