Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道開発局のPCにウイルス感染のおそれ - サイトも緊急停止に

国土交通省北海道開発局のパソコンにおいて、ウイルスが感染が発生していることがわかった。同局では感染被害の拡大防止のため、ウェブサイトの公開やメール送信を中止している。

同局によれば、ウイルスの感染が疑われる状況となったため、普段利用しているセキュリティ対策ソフトとは別のソフトで検知を行ったところ、バックドアを開くウイルスの感染を確認し、機密情報が流出するおそれがあることが判明したという。

同局では、安全が確認されるまでウェブサイトの提供やメールの発信を停止。また同局サイトよりダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルなどへウイルスが感染している可能性があるとして、関係者へ感染の有無を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開