Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、プライベート情報を隠しつつ認証できる「匿名認証」用LSIを開発

NECは、プライバシーを確保した上で所属を確認する匿名認証処理の専用LSIを開発した。ICカードや携帯電話などへ応用することが可能だという。

同社によれば、同LSIは総務省の「情報の来歴管理等の高度化・容易化に関する研究開発」による成果で、所属を確認するグループ署名技術を活用しつつ、暗号化によりプライバシーを確保することで匿名認証に対応したという。

従来小型機器に搭載されていたソフトウェアによる演算処理では、負荷が大きく署名が困難だったが、演算機能を独自搭載したLSIを開発することにより、ICカードや携帯端末といった小型機器に応用が可能になった。

LSI内部には、匿名認証アルゴリズムで必要となる「多倍長整数演算」「楕円曲線演算」「ハッシュ演算」を組み合わせて実行できる機能を搭載した。また消費電力についても、従来ソフトウェアの1/100以下に抑えたと説明している。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション