Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兵庫県加東市のサーバがスパムの踏み台に - 約48万回にわたり配信

兵庫県加東市のウェブサーバが不正アクセスを受け、スパム配信の踏み台となっていたことがわかった。約5カ月間にわたり48万回以上の送信が行われていたという。

スパム配信に悪用されたのは、同市が2003年に導入したウェブサーバ。導入した事業者がウェブサーバの初期設定に用いたログインアカウントが削除せず放置していたことから、パスワードを解読され不正アクセスを受けたという。

スパムメールの受信者から通報があり、調査の結果問題が判明。2009年11月22日から2010年4月7日にかけてスパムの配信が行われ、配信回数は48万6159回にのぼった。配信1回ごとに送信されたスパムの件数はわかっていない。

また不正アクセスの発生時期と同時期に、住民から意見や問い合わせを受け付けているフォームについても不具合が発生していることが明らかになった。送信内容が到着しておらず、紛失した可能性がある。

スパム配信との因果関係や詳しい原因、発生時期についてはわかっておらず、同市ではフォームより意見や問い合わせを送信したにもかかわらず返事を受信していない場合は、あらためて送信してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出