Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハッキングコンテストで報告された脆弱性を解消するアップデートを公開 - Apple

米Appleは、Mac OS X向けのセキュリティアップデートをリリースし、ハッキングコンテスト「Pwn2Own」で報告された脆弱性に対処した。

同プログラムは、「同10.5.8」や「同10.6.3」の「Safari」における埋め込みフォントを処理する「Apple Type Services(ATS)」の不具合を解消するアップデート。細工されたコンテンツを閲覧するなど脆弱性を攻撃された場合、コードを実行されるおそれがある。

プログラムは、同社サイトや「ソフトウェア・アップデート」経由で入手することができる。

(Security NEXT - 2010/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定