Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハッキングコンテストで報告された脆弱性を解消するアップデートを公開 - Apple

米Appleは、Mac OS X向けのセキュリティアップデートをリリースし、ハッキングコンテスト「Pwn2Own」で報告された脆弱性に対処した。

同プログラムは、「同10.5.8」や「同10.6.3」の「Safari」における埋め込みフォントを処理する「Apple Type Services(ATS)」の不具合を解消するアップデート。細工されたコンテンツを閲覧するなど脆弱性を攻撃された場合、コードを実行されるおそれがある。

プログラムは、同社サイトや「ソフトウェア・アップデート」経由で入手することができる。

(Security NEXT - 2010/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
Office for Mac向けに定例外パッチをリリース - MS
「macOS Mojave 10.14.1」やセキュリティアップデートがリリース - 「Safari 12.0.1」も
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
予告より1日前倒し、「Adobe Acrobat/Reader」アップデートが公開 - 脆弱性86件を修正
Adobe、10月2日に「Acrobat/Reader」の定例外アップデートを予定 - 前回更新から2週間足らず