Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhoneの脱獄支援に見せかけ、マルウェアへ感染させる攻撃

iPhoneの制限を解除することで、非公式のソフトウェアが端末上で利用できるようになる「ジェイルブレイク」用のアプリケーションでユーザーをサイトへ誘導し、マルウェアへ感染させる攻撃が発生している。

セキュリティベンダーのBitDefenderが、Windowsのバッチファイルとして動作するトロイの木馬「Trojan.BAT.AACL」の配布を確認したもの。

今回の攻撃では、メールにより「iPhoneのロック解除によりあたしいアプリケーションが入手できる」などとして、ユーザーをウェブサイトへ誘導。トロイの木馬「Trojan.BAT.AACL」が含まれるジェイルブレイク用アプリケーションを配布していた。

ユーザーが配布ページの指示に従って起動すると、PC内のDNSサーバのアドレスを変更され、マルウェア配布サイトへリダイレクトされ、さらなる感染被害を引き起こすという。

100415bd.jpg

(Security NEXT - 2010/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査