Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者の個人情報含むUSBメモリを山手線内で居眠りして紛失 - 国民生活センター

国民生活センターは、関係者50人分の個人情報や業務関連資料など含むUSBメモリを、職員が帰宅途中の電車内で紛失したと発表した。

紛失したのはUSBメモリ3本で、同センターと関係する委員など50人の氏名、住所、電話番号、年齢、職業など個人情報が保存されていた。このほか、業務関連資料なども含まれており、詳細を調べている。

4月9日深夜、職員が帰宅途中の山手線車内で居眠りしている間に鞄ごと紛失。日付けが変わった10日1時ごろ車内で目覚め、鞄がなくなっていることに気付いた。駅や警察に紛失を届け、12日に鞄は発見されたが、USBメモリは入っていなかったという。

USBメモリ内の個人情報が不正利用された形跡は確認されていない。同センターでは職員に対し処分を実施するとともに、個人情報の持ち出し禁止を徹底する方針。

(Security NEXT - 2010/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸