Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスセキュリティZERO」で誤検知が発生、起動できなくなる不具合

ソースネクストが販売するセキュリティ対策ソフト「ウイルスセキュリティZERO」において、4月10日ごろより特定条件下でパソコンが起動しなくなる不具合が発生した。

プログラムバージョン「10.0.0056」、定義ファイルバージョン「9.29.533」「9.29.535」を適用した際、ドライバ「Intel Matrix Storage Manager driver」の一部バージョンをウイルスとして誤検知し、削除するため起動できなくなるという。

同社では、ウェブサイトにて修復ツールを配布しており、希望者には起動修復用CDを送付する。また12日深夜より修正済みのプログラムを自動アップデートにより配布しており、それ以降のバージョンを適用している場合は 影響ないとしている。

(Security NEXT - 2010/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人番号カード発行管理システムの障害原因を公表 - 公共団体情報システム機構
マイナンバーシステムで連日障害 - 一部自治体で業務処理できず
一部「Windows 10」環境でウイルスバスターが起動しなくなるケースが発生
デル製PCでの不具合、MS月例パッチの適用順に起因か
デル製PCでMS月例パッチ適用後に不具合 - 画面固まりログインできず
MS、不具合生じた月例パッチ「MS14-045」の修正版を公開
MS、不具合なしのケースも含め「MS14-045」の対応方法を紹介
MS、月例パッチ「MS14-045」のアンインストールを推奨 - 不具合出てない端末も
MS月例パッチ「MS14-045」に不具合 - 起動不能となるおそれも
「iPhone」や「iPad」をクラッシュさせるツイートが拡散中