Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティパッチ11件を公開 - MP3処理の脆弱性など「緊急」5件

マイクロソフトは、深刻度「緊急」5件を含む11件の月例セキュリティ更新プログラムの提供を開始し、すでに公開されている2件の脆弱性を含む25件の脆弱性へ対応した。

深刻度がもっとも高い「緊急」のプログラムは5件。「MS10-19」では、「Windows」の「WinVerifyTrust Signature Verification」に脆弱性が存在し、「実行ファイル」や「cabファイル」の署名情報の検証時における不具合から、ファイルの改ざんが検知できない問題へ対処した。

「MS10-026」は、MP3コーデックの処理に不具合があり、不正なAVIファイルを再生する脆弱性を解消。「Windows Media Player 9」において、不正なメディアコンテンツを開いた際にコードが実行される問題を「MS10-027」で対応した。

これら3件は適用の優先度が3段階中もっとも高い「1」と設定されている。なかでも「MS10-026」は、ウェブサイト経由で不正な「AVIファイル」を開かせるといった攻撃が想定されるため、早急な対応が必要となっている。

(Security NEXT - 2010/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み