Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10年分の患者情報を保存したUSBメモリが所在不明 - 新葛飾病院

新葛飾病院は、約10年分の患者の個人情報や手術に関する情報を保存したUSBメモリが、院内で所在不明になっていることを明らかにした。

所在がわからなくなっているのは、手術室で管理されていたUSBメモリで、2000年11月から2010年3月までの手術台帳が保存されていた。台帳には患者のカタカナ表記の氏名や性別、生年月日のほか、手術年月日、手術時間、病名、術式などが含まれていた。

3月中旬に紛失が判明し、院内での捜索を続けていたが発見できなかった。職員からの聞き取り調査の結果、不要物とともに誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出したおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2010/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸