Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」による改ざんで閲覧者にウイルス感染のおそれ - 日本インターンシップ協会

教育機関と連携し、学生のインターンシップ制度を推進するNPO法人の日本インターンシップ協会は、サイトの一部ページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があったことを明らかにした。

同協会のサイトを管理しているパソコンが「Gumblar」攻撃によりウイルスへ感染、FTPアカウントを盗まれたもので、同サイトのトップページが改ざん被害に遭った。

改ざんが発生したと見られる4月2日13時ごろから、サイトを一時閉鎖した6日17時ごろまでの間にトップページを閲覧した場合、ウイルスに感染する可能性がある。

同協会では、改ざんの修正やFTPパスワードの変更などを実施し、7日にサイトを再開。また、対象期間にアクセスした利用者に対し、ウイルスチェックを行うよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2010/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避