Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「著作権違反」で示談金要求する詐欺 - 個人情報取得が目的か

F-Secureは、著作権違反などとして示談金の支払いを求めるトロイの木馬を確認したことを明らかにした。

「ICPP Foundation」などと実際には存在しない団体を装い、違法なTorrentファイルを発見したとして、トロイの木馬により警告画面を表示、400ドルを支払いを行わないと罰金や懲役になると脅すもの。違法ファイルを所有していない場合も再起動ごとに警告を発するという。

F-Secureによれば、攻撃に用いられたドメインの連絡先に指定されているメールアドレスは、「Zeus」など他のサイバー攻撃にも用いられていた。支払いサイトでは、個人情報の収集などが行われていると見られている。F-Secureでは、要求に応じず、セキュリティ対策ソフトなどで検出して除去するよう呼びかけている。

「著作権違反」を理由に詐欺を行う行為としては、国内でもファイル共有ソフトで暴露ウイルス「kenzero」を拡散、個人情報を収集し、「国際著作権機構(ICO)」を名乗って金銭をだまし取る詐欺が発生している。

(Security NEXT - 2010/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘
「Gozi」の後継「DreamBot」による不正送金被害が1月に発生
音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も
「Pokémon GO」人気狙う狡猾な不正アプリ - サンドボックス検知を回避
マルウェアまき散らした「Angler EK」がほぼ停止 - 移行先EKは料金値上げ