Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

発足から2年半強で顧客情報約4200件が所在不明に - きらやか銀行

きらやか銀行は、還元帳票データ4269件の紛失が判明したと発表した。誤廃棄の可能性が高いと説明している。

所在不明となっているのは、個別取引に関する還元帳票データ4269件。顧客の氏名、口座番号、取引金額などが記載されている。

2009年に発生した顧客情報の紛失事故を受け、同行が発足した2007年5月7日から2009年12月30日までにおける管理状況の全店点検を実施。その結果判明した。同行ではいずれも営業店内部で誤廃棄された可能性が高いとしており、外部への流出も確認されていないという。

今回の紛失事故を受け、同行では顧客情報の適正管理を指導する専門チームを設置。情報の集中管理など再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2010/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
顧客情報含む伝票を箱ごと紛失、誤廃棄の可能性 - 南日本銀
顧客情報含む帳票が所在不明に - 東邦銀
休眠口座の印鑑票を紛失、誤廃棄の可能性 - 山形銀
顧客情報含む内部資料が所在不明に - 沖縄銀
5支店で公金納付書控え約4.7万件の紛失が判明 - 北越銀
印鑑届や管理表など休眠口座の関連書類を紛失 - 北陸銀