Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修会案内メールの誤送信により関係者のアドレスが流出 - 栃木県

栃木県は、産業労働観光部国際課においてメールの誤送信が発生し、関係者280人の氏名とメールアドレスが流出したと発表した。

誤送信されたのは、4月9日14時40分ごろ配信された「貿易実務研修会」の案内メール。送信時にミスがあり、送信先280件の氏名とメールアドレスが表示された状態で送られた。

同課では、同日中に対象となる関係者に謝罪し、メールの削除を依頼した。また、緊急の対策会議を開催して再発防止策について検討したという。

(Security NEXT - 2010/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ