Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル・フォレンジック研究会、「証拠保全ガイドライン第1版」を公開

デジタル・フォレンジック研究会は、「証拠保全ガイドライン第1版」を公開した。

電磁的に記録されたデータについて、原本同一性の確保など信頼性を失わないように、収集、取得、保全するための手続きをガイドラインとしてまとめたもの。インシデント発生時における最初の電磁的証拠の保全を中心に取りまとめた。

ガイドラインの作成にあたっては、国内で実際に運用している企業の情報を踏まえつつ、海外活動を行う企業でも参考になるよう海外のガイドラインを参考にしたほか、日本独特のモバイル環境などについても配慮したという。

(Security NEXT - 2010/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
NEC、サイバー攻撃の初動対応とフォレンジック解析を提供 - 解析費用は保険でカバー
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業
ネットワーク上の感染端末を検知するツール - セキュアブレイン
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も