Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースCMS「MODx」にSQLインジェクションの脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、オープンソースのコンテンツ管理ソフト「MODx」においての脆弱性が発見されたとして注意喚起を行った。

任意のSQLコマンドが実行される脆弱性が明らかとなったもの。SQLインジェクション攻撃によりデータベースを不正に操作され、保存されている情報が漏洩したり、データが削除されたりする可能性がある。

2008年11月に三井物産セキュアディレクションの寺田健氏がIPAが届け、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。最新版へアップデートすることにより脆弱性を解消することができる。

(Security NEXT - 2010/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Movable Type」向け会員制サイト構築用プラグインなどにSQLiの脆弱性
トレンドの統合管理製品に9件の脆弱性 - パッチ適用を
「WordPress 4.8.3」が公開 - 修正不十分だった「SQLi脆弱性」に対応
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
オープンソースのSEO管理ツールに複数の脆弱性
「baserCMS」にPHPコードの実行やDB操作が可能となる脆弱性
インターコムの「MaLion」に認証不備やSQLiなど複数の脆弱性
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
「AssetView for MacOS」の一部サーバ側モジュールに複数脆弱性