Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「キリン横浜ビアビレッジビールセミナー」の申込者情報45人分を紛失 - キリンビール

キリンビールは、同社が主催するイベントへ申し込んだ顧客45人分の個人情報を紛失したと発表した。

同社が主催し、同社グループ会社のキリンアンドコミュニケーションズが運営する「キリン横浜ビアビレッジビールセミナー」の6月5日開催分に参加を申し込んだ顧客の個人情報が所在不明となっているもの。

3月31日に顧客情報を保存しているファイルがなくなっていることに、仕分けしていた従業員が気が付いたという。ファイルには、氏名や住所、電話番号、年齢、性別、メールアドレスなど個人情報が含まれる。

同社では1人を除き、対象者を把握しており、連絡を取って事情の説明や謝罪を行っている。また連絡先がわからない顧客に対し、同社まで連絡してほしいと呼びかけている。

同社では、ファイルが保存されていたキャビネットについて施錠管理を行っていたが、今後はファイル数の確認など再発防止に取り組む。また暗号化した上でデータベースに保存するなど、紙ベースの個人情報を必要以上に行わないよう検討する。

(Security NEXT - 2010/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県