Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows 7に対応した暗号化製品「CompuSec」の最新版

キヤノンITソリューションズは、シンガポールのCE-infosysが開発する暗号化製品「CompuSec」の最新版を4月23日に発売する。

同製品は、OSを含むハードディスク全体を暗号化できるセキュリティ対策製品。Windowsへのシングルサインオンやリムーバブルメディアの暗号化へ対応しているほか、ファイル単位の暗号化や仮想暗号化ドライブの作成に対応している。

ラインナップには、デバイス認証に対応した「CompuSec Pro Ver.4.30」とソフトウェアによる認証を行う「CompuSec SW Ver.5.2」を用意。これら最新版ではマイクロソフトの最新OS「Windows 7」に対応した。

同社では、企業向けのライセンス製品やダウンロード製品を対象としたキャンペーンを4月23日から7月30日まで実施し、先着7000ライセンスについて特別価格で提供する。

100408ci.jpg

(Security NEXT - 2010/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応