Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows 7に対応した暗号化製品「CompuSec」の最新版

キヤノンITソリューションズは、シンガポールのCE-infosysが開発する暗号化製品「CompuSec」の最新版を4月23日に発売する。

同製品は、OSを含むハードディスク全体を暗号化できるセキュリティ対策製品。Windowsへのシングルサインオンやリムーバブルメディアの暗号化へ対応しているほか、ファイル単位の暗号化や仮想暗号化ドライブの作成に対応している。

ラインナップには、デバイス認証に対応した「CompuSec Pro Ver.4.30」とソフトウェアによる認証を行う「CompuSec SW Ver.5.2」を用意。これら最新版ではマイクロソフトの最新OS「Windows 7」に対応した。

同社では、企業向けのライセンス製品やダウンロード製品を対象としたキャンペーンを4月23日から7月30日まで実施し、先着7000ライセンスについて特別価格で提供する。

100408ci.jpg

(Security NEXT - 2010/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供