Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

放送エリア外視聴へのセキュリティ対策を強化 - radiko

パソコン向けにラジオ放送を配信するIPサイマルラジオの実用化試験を行っているIPサイマルラジオ協議会は、ラジオサービス「radiko」において、実際の放送エリア外における視聴の制限を目的としたセキュリティ対策を実施した。

同協議会は、試験配信の趣旨について「都市部を中心とした難聴取の解消を目的」であることを強調。実質的な放送エリアに向けた試験配信として関係者から理解を得た上で運営している実状を説明している。

その上で「エリア外の聴取を可能にするサービス」が一般化すると、今後実用化が困難になる可能性があると指摘し、セキュリティの強化に至ったとした。関連アプリケーションを排除することが目的ではないとして、利用者へ理解を求めている。

(Security NEXT - 2010/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ