Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

放送エリア外視聴へのセキュリティ対策を強化 - radiko

パソコン向けにラジオ放送を配信するIPサイマルラジオの実用化試験を行っているIPサイマルラジオ協議会は、ラジオサービス「radiko」において、実際の放送エリア外における視聴の制限を目的としたセキュリティ対策を実施した。

同協議会は、試験配信の趣旨について「都市部を中心とした難聴取の解消を目的」であることを強調。実質的な放送エリアに向けた試験配信として関係者から理解を得た上で運営している実状を説明している。

その上で「エリア外の聴取を可能にするサービス」が一般化すると、今後実用化が困難になる可能性があると指摘し、セキュリティの強化に至ったとした。関連アプリケーションを排除することが目的ではないとして、利用者へ理解を求めている。

(Security NEXT - 2010/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か