Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、KasperskyにフィッシングURL情報を提供

フィッシング対策協議会は、Kaspersky Labs Japanへフィッシング攻撃のURLデータを提供すると発表した。

Kasperskyでは、提供を受けたデータを法人向けに提供している「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0 R2」やコンシューマー向け製品「Kaspersky Internet Security 2010」へ反映させ、フィッシング対策の強化を図る。

フィッシング対策協議会では、2月より収集したフィッシング詐欺サイトのURL情報を、会員へ積極的に提供していくことを表明、すでにヤフーが利用を開始している。

提供されるURLは、1カ月あたり100から150件程度としており、フィッシングサイトが確認されるたびに、事務局を務めるJPCERTコーディネーションセンターよりメールで提供される。

(Security NEXT - 2010/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に