Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレームは1カ月あたり15件から20件 - iTunes「急増ではない」

音楽サービスにおいて不正請求が発生している問題で、業界大手のiTunesは、3月4日に消費者庁より再度同社へ行われた質問に対し、4月5日に回答を行った。当初消費者庁では、回答期限を3月12日としていたが、1カ月弱ずれ込んだ。

同庁は、前回の同社回答で「不正請求が異常に増加していない」との認識を行った根拠について再度質問したのに対し、過去6カ月のクレームデータの調査結果として、同社は1カ月あたり15件から20件であるとの具体的なクレーム件数を明らかにし、不正請求が急増しているレベルではないとの見解を示した。

セキュリティへに対する懸念があることや、一部でトラブルが生じていることについて認識しているとする一方、不正請求に関する調査は多岐にわたり、無効化など措置を講じているとしたが、具体的なプロセスなどは触れなかった。

不正被害の原因として、6割は盗難クレジットカードで作成された新アカウントによるものであるとし、残り4割が既存アカウントを情報漏洩やユーザーが気が付かない間に利用されていたものであるとのデータを公表した。

(Security NEXT - 2010/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
Apple、「iOS 10.3」をリリース - 84件の脆弱性を修正
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
「MyJVN バージョンチェッカ」が「Chrome」や「iTunes」などに対応
プロクシー利用時に影響受ける脆弱性「FalseCONNECT」 - OS XやiOSは修正済み
Android向けランサムウェアが日本語に対応 - 雑な設定、iTunesカードを要求
LINEも実施したiPhoneクローン対策 - 対策アプリで思わぬトラブルも
脱獄iPhone狙うマルウェア - Apple IDを窃取
「Apple」便乗フィッシングが1年で3倍に - 開発者もターゲットに
ANA、マイレージサービスの数字4桁認証を刷新 - iTunesギフト交換も再開予定