Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに配慮した教員用統合ソフトの最新版を発売 - ジャストシステム

ジャストシステムは、セキュリティ対策機能を備えた教職員向け文書作成ソフトの最新版「ジャストスクール2010」を発売した。

同製品は、教務を支援する統合ソフト。「一太郎2010」「ATOK 2010」「花子2010」「三四郎2010」「Agree 2010」「Shuriken 2010」のほか、ラベル作成ソフトや教材作成の支援ソフトで構成されている。

最新版では、パソコン内部の一部領域を暗号化したり、ファイルの消去、暗号化したZipファイルの作成が簡単に行える「セキュアマイフォルダ」に、情報の持ち出しを注意喚起する「こころの認証」機能を搭載した。また「教材スタジオ」の機能強化や教育用写真素材約8000点の追加など行っている。

ライセンス価格は、すべての機能を搭載した「同Premium」が2万1000円、基本機能を提供する「同Light」が2100円。また「同Suite(1万6800円)」「同ICT活用パック(8400円)」や「ラベルマイティスクール2(5250円)」も用意されている。

(Security NEXT - 2010/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供