Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

歌詞検索サイト「HMV-UtaTen」のキャンペーンでメールアドレスが流出

歌詞検索サイト「HMV-UtaTen」において、メールの誤送信によりキャンペーン応募者のメールアドレス405件が流出したことがわかった。

同サイトを運営するメイクソフトウェアによると、流出が判明したのは、同サイトが実施した「牛島隆太×カメラのキタムラ×HMV-Utaten特別企画」の「ミニミニフォトブック無料お試し券プレゼントキャンペーン」へ応募した会員のメールアドレス。

エイベックス・エンタテインメントに所属するティアブリッジプロダクションの担当者が、4月1日にメールを送信した際、誤って宛先にメールアドレスを記載したため405件が流出したという。

受信者から連絡があり問題が発覚。同社では受信した関係者へ問題のメールを削除するよう呼びかけている。また同社では、再発防止に向けた管理体制の再構築を実施しているほか、2次流出や不正利用など発生していないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2010/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店