Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先担当者の個人情報が登録された携帯電話を紛失 - パイプドビッツ

パイプドビッツは、取引先の個人情報28件などが登録された携帯電話を、大阪支店の従業員が紛失したことを明らかにした。

紛失したのは私物の携帯電話で、取引先担当者の名字や社名、電話番号など個人情報28件、および取引先4件の社名と電話番号などが登録されていた。3月21日、従業員が移動中に紛失したもので、端末の使用停止措置を実施し、警察へ紛失届を提出した。

同社では、対象となる取引先に説明と謝罪を行ったとしている。また、取引先の個人情報を携帯電話に登録することを原則禁止するなど、再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2010/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
委託先の職員が業務用携帯電話を紛失 - 福岡県
小学校で災害時の児童緊急引渡用カードを紛失 - つくば市
宴会の予約台帳が所在不明に - 居酒屋チェーン
消防団で要援護者名簿が所在不明 - 熊本市
取引先の電話番号200件が登録された携帯電話を紛失 - 札幌の医療法人
顧客情報が登録された業務用携帯電話を紛失 - 中部電力
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は2月 - 大谷大
生徒の名簿が入った鞄を紛失 - 練馬区の中学校
業務用携帯電話を訪問診療中に紛失 - 札幌の病院