Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンキングサービス「ANSER-WEB」にフィッシングサイト検知サービスを導入 - NTTデータ

NTTデータは、同社が提供するインターネットバンキングサービス「ANSER-WEB」に、RSAセキュリティのフィッシングサイト検知サービスを採用した。

「ANSER-WEB」は、約80の金融機関が利用しているインターネットバンキングサービスで、従来よりフィッシング詐欺対策として、利用者の通報によりフィッシングサイトを発見、閉鎖させる「フィッシングサイト閉鎖サービス」を提供してきたが、あらたに「検知サービス」を追加したもの。

RSAセキュリティが運営するオンライン不正対策指令センターが、フィッシングサイトの発生をフルタイムで監視し、発見時に閉鎖といった対策を実施する。

(Security NEXT - 2010/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソフォス、自動化できるフィッシングトレーニングソリューション