Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Android」や「iPhone」のセキュリティを「クラウド」で実現目指すシマンテック - iPadアプリも視野に

シマンテックは、4月1日に都内でメディア向けに説明会を開催し、現在開発が進められているスマートフォン向けセキュリティ技術の開発状況について、米Symantecの先端技術開発担当副社長であるJoe Pasqua氏が解説した。

スマートフォンの利用が増加し、それにともない端末上で動作するアプリケーションが急増。利用者のリスクも増大しているとして、同社リサーチラボがスマートフォン向けのセキュリティ技術に取り組んでおり、製品化に先駆けてマスコミに情報を公開したもの。

同氏は説明会で、スマートフォンにおけるセキュリティ対策について、大きくわけて「キャリアやアプリケーションの販売事業者」と「エンドユーザー」のふたつの側面か求められると指摘。

特にキャリアからの要望は、利用者を不正アプリから保護することにくわえ、インフラがアプリケーションを通じて攻撃にさらされる可能性があるなど、高い需要が期待できるとの見方を示している。

(Security NEXT - 2010/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査