Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信防止製品「SHieldMailChecker」がExchange Serverに対応 - 富士通SSL

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、メールの誤送信を防ぐ製品「SHieldMailChecker」の機能を強化し、「Exchange Server」に対応した。

同製品は、メール送信時の人為的ミスを防ぐ企業向けメール誤送信対策ソフト。組織のセキュリティポリシーやユーザーごとの個別ルールにもとづいて送信メールをチェック。問題があった場合には警告メッセージを表示して注意を促す。

今回の機能強化により、マイクロソフトの「Exchange Server 2007」環境において利用可能になった。今後は、「Exchange Server 2010」「Exchange Online」にも適用範囲を拡大する計画。

価格は据え置きで、100ユーザーまで利用可能な基本ライセンスパックが31万5000円。9月30日まで、18万9000円のキャンペーン価格で購入できる。

(Security NEXT - 2010/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
NTTソフト、メール誤送信対策ソフトの新版 - 確認操作の「慣れ」対策も
キヤノンITS、タイの日系企業向けにメールセキュリティサービス
「指さし確認」しないとメールを送信できない誤送信対策ソフト
ダウジャパン、メールセキュリティのアプライアンス - 添付ファイルの拡張子偽装検査にも対応
CITS、クラウド型メールセキュリティに英語版
NEC、メールフィルタリング製品を発売 - PWリスト攻撃の検知機能も