Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

難読化や「.htaccess」にも対応する改ざん防止サービス - BBSec

ブロードバンドセキュリティは、ウェブサイトのコンテンツ改ざん対策サービス「Cracker Detect EXOCET」を提供開始した。

同サービスは、FTPプロクシとして動作し、アップデートされるファイル内部に記載されたURLをチェックすることで、不正サイトへの誘導を目的とした改ざんを未然に防止するセキュリティソリューション。

URLレピュテーションのデータベースには、クラウドマークの「Cloudmark Sender Intelligence」を採用。「Gumblar」攻撃などで見られる難読化にも対応しており、リンク先の安全性を分析する。

FTPによりアップロードされるファイルをすべてスキャンするため、「.htaccess」ファイルの改ざんなどにも対応。攻撃が行われた際は、改ざんに使用されたFTPアカウントを利用者へ通知する。

(Security NEXT - 2010/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供