Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5ネットワークスとInfobloxが協業、DNSSECソリューションを提供

F5ネットワークスジャパンとInfobloxは協業し、DNSSECソリューションを提供すると発表した。

両社は今回の協業を通じて、InfobloxのDNSSECアプライアンスとDNSSECクエリの署名を処理するF5の「BIG-IP Global Traffic Manager」を提供するもの。

DNSSECを利用するにあたり、Infobloxグリッド内のアプライアンスに対して暗号キーを生成、配信することが可能で、手作業によるキー生成やゾーン署名が不要。またキーポリシーや自動ロールオーバに対応している。また両製品を組み合わせて負荷を分散することにより、DoS攻撃に対する耐性も向上させた。

(Security NEXT - 2010/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
「Dnsmasq」にバッファオーバーフローなど7件の脆弱性
韓NetSarang製サーバ管理ツールのアップデートにバックドア - 「PlugX」との類似点も
真庭市のサーバに不正アクセス - 「OpenSSL」の脆弱性が標的に
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック