Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、ファイルの権限管理を実現する「Oracle IRM」をリリース - APIにより連携自在

利用状況をログで把握することが可能。簡易的な管理画面が用意されているほか、ログを分析し、ポリシー違反が発生した際に警告メールを発信するといった利用も可能。利用権限を確認すると期限内はサーバへの通信なしで利用できる仕様で、サーバへの負荷を軽減したほか、オフラインの環境でも利用できる。

現在対応しているファイルは、Office文書やPDF、GIFやJPEG、PNGといった画像ファイル、テキストファイル、電子メールファイルなど。それぞれ特定のアプリケーションを利用する必要がある。同社では今後アプリケーションに依存せずに利用できるようにする計画だという。

100330no2.jpg
対応ファイルおよびアプリケーション

価格は、1ユーザーあたり7600円。取引先などクライアント以外のユーザー向けに発行するライセンスは1100円。またSaaS事業者向けのライセンス体系も用意されている。

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ