Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部カラー複合機のファックス同報送信で使用法により情報流出の可能性 - 沖データ

沖データは、一部のカラー複合機におけるファックスの同報送信で、使用方法によっては誤って送信先の個人情報などが流出する可能性があるとして、対処法をアナウンスしている。

対象となるのは、同社のカラー複合機「MC860dn/MC860dtn」および「C3530MFP」。ファックスドライバを使用して標準設定のまま複数の宛先に同報送信した場合、すべての送信先名と送信先ファックス番号が記載された送付状を追加し、一緒に送信してしまうという。ただし、本体からファックス送信した場合は、送付状は追加されない。

同社では、個人情報保護への配慮が甘かったとして謝罪し、送付状を付加しない設定を標準としたファックスドライバのダウンロードやCD-ROMを配布している。またドライバの設定状態を確認したり、変更する方法についてもあわせてサイト上で紹介している。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
チケット販売サイトで他顧客情報を誤表示 - PWや秘密の質問なども
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン