Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部カラー複合機のファックス同報送信で使用法により情報流出の可能性 - 沖データ

沖データは、一部のカラー複合機におけるファックスの同報送信で、使用方法によっては誤って送信先の個人情報などが流出する可能性があるとして、対処法をアナウンスしている。

対象となるのは、同社のカラー複合機「MC860dn/MC860dtn」および「C3530MFP」。ファックスドライバを使用して標準設定のまま複数の宛先に同報送信した場合、すべての送信先名と送信先ファックス番号が記載された送付状を追加し、一緒に送信してしまうという。ただし、本体からファックス送信した場合は、送付状は追加されない。

同社では、個人情報保護への配慮が甘かったとして謝罪し、送付状を付加しない設定を標準としたファックスドライバのダウンロードやCD-ROMを配布している。またドライバの設定状態を確認したり、変更する方法についてもあわせてサイト上で紹介している。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要