Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4分の3の企業がサイバー攻撃を経験、不安は「ウェブの脅威」と「情報漏洩」 - シマンテック調査

シマンテックは、ワールドワイドで実施した調査「2010年度エンタープライズにおけるセキュリティの現状」について取りまとめた。

同調査は、2010年1月に27カ国で企業のCIOやCISO、IT管理者など2100人を対象に実施したもの。調査によれば、過去1年間にサイバー攻撃を受けた企業は75%に上っており、「非常に多い(2%)」「頻繁にある(9%)」「ときどきある(18%)」を合わせると約3割に達した。36%が影響があったと評価している。

攻撃の種類を見ると、外部からの攻撃の増加が目立っており、「非常に多い(25%)」「やや多い(27%)」が合わせて半数を上った。ソーシャルエンジニアリング攻撃もそれぞれ16%、34%と目立っている。

一方、内部からの攻撃についても前出の2項目より少ないものの、多いとする企業が40%と決して低くない。さらに意図的ではない行為についても39%と並んでいる。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催