Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BitDefenderの定義ファイルに誤検知の不具合 - システムファイルなどを誤って隔離

BitDefenderが3月21日1時から3時半にかけて配布した定義ファイルを適用すると、システムファイルなどを誤って隔離する問題が生じることがわかった。すでに不具合は修正されているが、同社は問題の期間中に定義ファイルを適用したユーザーへ、対処方法などをアナウンスしている。

期間中に自動アップデートにより問題の定義ファイルを適用している場合、実行ファイルやライブラリファイルなど正常なファイルを誤ってウイルスとして検知し、隔離してしまう可能性があるもの。システムや同ソフトのファイルについても誤って隔離されるおそれがある。

影響を受けるのは、「BitDefender 2008」「同2009」「同2010」「同for File Server」「同Client Security」。自動修復などで復旧することが可能だが、障害が発生した状態で再起動したり、同ソフトの再インストールのタイミングによっては、復旧できず起動できなくなる可能性もあるという。

同社の国内代理店であるサンブリッジ ソリューションズでは、問題の定義ファイルを適用した場合の復旧方法をウェブサイト上でアナウンスしている。

BitDefender 製品 64bit版製品での誤検知問題について
http://www.bitdefender.jp/20100321.php

BitDefender
http://www.bitdefender.jp/

サンブリッジ ソリューションズ
http://www.sunbridge-sol.com/

(Security NEXT - 2010/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETの定義ファイルに不具合、誤検知でサイト接続できず - すでに修正済み
ノートンやエンドポイント製品の一部定義ファイルに不具合 - シマンテック
一部製品にMS月例パッチ適用でライセンス無効化される問題 - カスペルスキー
カスペルスキーの対策製品で定義ファイル更新表示に一時不具合
ソフォスのウイルス対策ソフトで誤検知発生、アップデートの不具合なども
ウイルス対策製品の一部定義ファイルに不具合 - マカフィー
カスペルスキー、一部広告URLを誤検出 - すでに解消済み
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知
ESETが年末に配布した一部定義ファイルに不具合 - アップデートで解消