Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで閲覧者にウイルス感染の可能性 - 那須のリゾートホテル

二期リゾートが運営するホテルのウェブサイトが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があったことがわかった。

改ざんが判明したのは、同社が運営する那須のリゾートホテル「二期倶楽部」や都内のレストラン「二期倶楽部広尾」のウェブサイト。外部からの不正アクセスにより改ざんされたもので、2月26日からサイトを一時停止した3月2日の間にアクセスした場合、不正サイトに誘導されウイルスに感染する可能性があった。

サイトは修正と安全確認を行い、3月3日16時より再開された。同ホテルでは、改ざん期間中にサイトを閲覧した利用者に対し、ウイルススキャンを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社