Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子供が夢を語る映像を収録したビデオカプセルや登録申込書を紛失 - 千葉県

千葉県が、1999年の「県民の日」に実施したイベントにおいて収録したビデオテープや個人情報を記載した申込書が所在不明になっている。本来は長期保存され、出演した子どもが成人した際に受け取ることができる予定だったという。

紛失が判明したビデオテープは、1999年の「県民の日」において幕張メッセで実施されたイベント「ビデオカプセル21ぼくの夢・あなたの未来」で、小学生以下の子供が、将来の夢や千葉県の好きなところを語る様子を撮影、収録したもの。

同県では、子どもが20歳になった際、希望者へビデオテープを提供するとして、2025年まで保管するとしていたが、参加者からビデオの請求を受け、テープを紛失していることが判明した。県庁内の書庫をはじめ、イベント受託業者の幕張メッセやビデオを収録した業者の倉庫などを捜索したが見つかっていない。

企画の定員は120人だが、実際の参加者数はわかっていない。ビデオテープのほかに、収録に参加した子供の氏名、住所、将来の夢などが記載された「ビデオカプセル登録申込書」も所在不明となっている。

(Security NEXT - 2010/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市